核先制不使用見送りの公算

同盟国「不安」と米紙報道

 【ワシントン共同】6日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、核兵器による攻撃を受けない限り、先に核攻撃を仕掛けない「先制不使用」の宣言をオバマ大統領が見送る公算が大きいと報じた。複数の政権高官の話としている。

 オバマ政権は一連の核政策の見直しで、先制不使用政策を検討。日本を含む同盟国に米国の核抑止力への不安を与え、ロシアや中国を勢いづかせるとの懸念が政権内で相次いでいた。

 核軍縮推進派は、オバマ氏が掲げる「核兵器なき世界」に近づく上で先制不使用を打ち出すことが最も大胆な措置になると主張。

あなたにおすすめ