沖縄で古代ローマのコイン出土

勝連城跡、国内初

画像
沖縄県うるま市の勝連城跡から見つかった古代ローマ帝国のコインとみられる銅貨。皇帝の肖像が描かれていると推定されている=26日午後、うるま市役所

 沖縄県うるま市の勝連城跡(国史跡、12~15世紀)で、3~4世紀の古代ローマ帝国のコインとみられる銅貨4点が見つかり、市教育委員会が26日発表した。市教委によると、遺跡からの出土は国内初で「当時の沖縄は中国や東南アジアとの交易で栄えたとされ、西洋との接点を示す貴重な資料」としている。

 コインは直径1.6~2センチ。全体的に摩耗が進み、表裏にある図柄や文様は不鮮明になっている。市教委はエックス線調査の結果から、コンスタンティヌス1世の肖像や、やりを持った兵士が描かれたコインと推定している。

あなたにおすすめ