改変スマホを不正販売容疑

「脱獄」初立件、千葉県警

 非公式アプリを使用できるように内蔵プログラムを改変した米アップル社のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を不正販売したとして、千葉県警が商標法違反容疑で、富山市の男(24)を逮捕したことが29日、捜査関係者への取材で分かった。

 端末にかけられたプログラムの制限を解除する「脱獄」と呼ばれる方法で、捜査関係者によると、この方法で改変されたアイフォーンの販売を巡って立件するのは全国初という。

あなたにおすすめ