関空従業員のはしか感染終息

大阪府「新たな患者なし」

 関西空港の従業員を中心に8~9月初旬、はしかの感染が広まった問題で、大阪府は29日、9月6日に感染が判明した女性従業員を最後に新たな患者は確認されず、集団感染は終息したと発表した。感染した従業員計33人は全員回復している。

 関空を運営する関西エアポートによると、女性従業員は2日に発熱があり、同日から回復するまで出勤しなかった。最後に出勤した1日から4週間、発症者がおらず、府は国立感染症研究所感染症疫学センター(東京)のガイドラインに基づき終息と判断した。

あなたにおすすめ