USJの入場者、上半期最高

ディズニーは減少で明暗

 大阪市の米映画テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は3日、2016年度上半期(4~9月)の入場者数が前年同期比7%増の約700万人となり、上半期として過去最高を更新したと発表した。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの合計は微減となり、明暗が分かれた。

 USJは開業15周年の記念イベントが人気を集めた。上半期で前年実績を上回るのは6年連続。

 運営会社によると、今年3月に登場した映画「ジュラシック・パーク」をテーマにした新しいジェットコースターや、夏休みに導入した「週刊少年ジャンプ」の世界を楽しめるアトラクションが集客増に貢献した。

あなたにおすすめ