南スーダン、反政府勢力が襲撃か

市民21人死亡

 【ナイロビ共同】ロイター通信によると、南スーダン政府関係者は10日、首都ジュバにつながる幹線道路で、反政府勢力が市民を乗せたトラック4台を襲撃し、21人が死亡、約20人が負傷したと明らかにした。一方、反政府側の報道官は市民を標的にはしないと述べ、関与を否定した。

 稲田朋美防衛相が8日にジュバを訪問し「市内は落ち着いていると目で見ることができた」と語ったばかりだが、ジュバに近い道路でも政府軍と反政府側の衝突が続いている実情が浮き彫りになった。

 ジュバでは7月に政府軍と反政府側の戦闘が再燃し、270人以上が死亡した。陸自宿営地の隣にあるビルでも銃撃戦が起きた

あなたにおすすめ