三浦九段、ソフト不正疑い

将棋連盟「聴取は尽くした」

画像三浦弘行九段

 将棋のトップ棋士、三浦弘行九段(42)が対局中にコンピューターソフトを不正使用した疑いが出ている問題で日本将棋連盟は13日、今後、追加で調査する考えがないことを明らかにした。

 連盟常務理事の島朗九段は「三浦九段を出場停止処分にしており、聴取は尽くした。こちらから連絡するつもりはない」と話した。

 連盟によると、三浦九段は11日の聴取で「疑念を持たれたまま、対局はできない」と休場を申し出たが、期限までに休場届が出されなかった。

 今年12月31日までの出場停止処分を受けている三浦九段は「不正はしていない。今後は弁護士に任せる」と話した。

あなたにおすすめ