サムスンのノート7、関空で発煙

国内で初、外国人乗客所有

 関西空港で今月18日、韓国サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」から煙が出るトラブルが起きていたことが21日、分かった。国土交通省が明らかにした。航空機内や、空港などの航空関連施設で起きた同種トラブルは国内初とみられる。

 国交省によると、出国しようとしていた外国人の乗客が所有していたノート7のバッテリーを無理やり外そうとした際に発煙したという。

 ノート7は日本で発売されていないが、海外で発火トラブルが相次いでおり、国交省は15日、国内航空会社に対して同機種の機内持ち込みを禁止するよう要請している。

あなたにおすすめ