中比、軍事協力を推進へ

首脳会談で共同声明

画像北京の人民大会堂で歓迎式典に臨む中国の習近平国家主席(右)とフィリピンのドゥテルテ大統領=20日(共同)

 【北京共同】中国とフィリピン両政府は21日、20日の首脳会談の共同声明を発表し「両国関係にとって防衛・軍事協力は重要な要素との認識で一致した」と明記した。反米姿勢を強めるフィリピンのドゥテルテ大統領は既に中国から武器を購入する意向も示しており、南シナ海で中国が軍事的影響力を増す懸念が広がりそうだ。

 ロイター通信によると、米軍は21日、南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島周辺にミサイル駆逐艦を派遣し「航行の自由」作戦を実施。中国とフィリピンの接近に関連する動きかどうかは不明。

あなたにおすすめ