電子基準点、最大7センチ動く

鳥取地震で国土地理院観測

 鳥取県中部で震度6弱を観測した地震で、国土地理院(茨城県つくば市)は22日までに、震源近くに設けられた電子基準点が最大で、北北東の方向へ約7センチ動いたと発表した。

 地理院が、地震の発生前後に震源域周辺の電子基準点で観測された位置データを解析。その結果、震源から北へ十数キロにある電子基準点「羽合」が最も大きく動き、周辺の電子基準点でも地殻変動が確認できた。

 測地観測センターの千早昭二地殻監視課長は「今後も監視を続けるとともに、今回の結果を生かして地殻変動の推定モデルをつくりたい」としている。

あなたにおすすめ