コカ・コーラとキリン提携

資本、業務両面で協議

 清涼飲料で国内首位の日本コカ・コーラグループと4位のキリンホールディングス(HD)は26日、資本・業務提携に向け協議していることを明らかにした。製品の物流や原料調達を効率化し、収益力を強化する。業務提携を円滑に進めるため資本面の関係も構築する方向だ。両社の動きに触発されて業界再編が拡大する可能性もある。

 国内の清涼飲料業界はスーパーやドラッグストアによる安値販売が常態化し、消耗戦の様相となっている。人口減少で市場の大幅な伸びも見込めず、コカ・コーラグループとキリンHDはコスト削減で連携する必要があると判断した。

あなたにおすすめ