安倍首相が謹話発表

「悲しみの念に堪えない」

画像
首相官邸に入る安倍首相=27日午前

 安倍晋三首相は27日、三笠宮さま逝去を受け「ご訃報に接し、悲しみの念に堪えません。国民と共に慎んで心から哀悼の意を表します」とする謹話を発表した。

 生前の三笠宮さまについて「国の平和と国民の福祉のために貢献してこられた」とした上で「国際親善やスポーツ、レクリエーション、芸術、文化、医療、福祉などの幅広い分野で皇族として重要な役割を果たされ、国民と親しく接せられた」と振り返った。

あなたにおすすめ