生前退位、議事概要2回目は詳細

有識者会議、首相官邸HPで公表

 政府は4日、天皇陛下の生前退位を巡る有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)が10月27日に開いた第2回会合の議事概要を首相官邸ホームページで公表した。初会合の議事概要が終了後に記者会見で説明した範囲にとどまったのに比べ、今回は有識者の意見や質疑の詳細が明らかになっている。

 概要によると、有識者の一人は皇位とともに継承される「三種の神器」に相続税が課税されるかどうかを例に挙げて「退位の場合と、従来の慣例通りにした場合で、制度の適用がどのように違うのか整理してほしい」と事務局に要望した。

 第2回会合は、事務局が天皇陛下の公務の状況を説明した。

あなたにおすすめ