三菱造船所、10月も不審火

今年4件、連続放火か

 三菱重工業長崎造船所の香焼工場(長崎市)で10月、火災があり、県警が実況見分した結果、不審火だったことが5日、捜査関係者への取材で分かった。工場では1月、建造中だった大型客船「アイーダ・プリマ」で火災が3件発生。県警は連続放火の可能性もあるとみて、非現住建造物等放火容疑で捜査している。

 10月の火災は、26日午後1時半ごろに2階建てプレハブの従業員休憩所で発生。隣接するプレハブや工場の壁も焼いたが、けが人はいなかった。現場は火気厳禁で、実況見分で火の気は確認されなかった。

あなたにおすすめ