トピック原発問題

美浜の運転延長取り消し求め提訴

40年超、原発3号機

画像関西電力美浜原発3号機の運転延長認可取り消しを求め、提訴のため名古屋地裁に向かう原告団=9日午後、名古屋市

 関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)は運転開始から40年たち、再稼働は危険だとして、福井県の住民3人が9日、原子力規制委員会の運転延長認可の取り消しを国に求め、名古屋地裁に提訴した。老朽原発の運転延長を巡っては、高浜原発1、2号機(福井県高浜町)も規制委の認可を受けており、同様の訴訟が名古屋地裁で係争中。

 美浜町に住む原告の松下照幸さんは提訴後の記者会見で「日本海側の原発で事故が起これば、偏西風の影響で日本全体を汚染する」と危険性を訴えた。北村栄弁護団長は「例外とされた老朽原発の運転延長が立て続けに認可されている。どこかで止めないといけない」と話した。

あなたにおすすめ