「自公維連立」を否定、松井代表

日本維新の会

©一般社団法人共同通信社

 日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事は21日、自民、公明両党の連立政権に加わる可能性を否定した。「税に対する考え方が全く違う。あり得ない」と大阪市内で記者団に語った。

 日本維新は先の臨時国会で年金制度改革法やカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法に賛成。松井氏と橋下徹前大阪市長は24日、安倍晋三首相、菅義偉官房長官と東京都内で会談する予定で、政府与党との距離を縮めているとの見方がある。

 松井氏は、日本維新が消費税増税を先送りする改正消費税法採決で反対したことなどを挙げ「政府与党ということにはならない」と強調した。

あなたにおすすめ