将棋ソフト不正の証拠認められず

第三者委が報告

画像
将棋棋士、三浦弘行九段のコンピューターソフト不正使用疑惑が指摘された問題で、記者会見する第三者調査委の但木敬一委員長=26日午後、東京・霞が関の弁護士会館

 将棋棋士の三浦弘行九段(42)が対局中にコンピューターソフトを不正に使用した疑惑が指摘された問題で、日本将棋連盟が設けた第三者の調査委員会(委員長・但木敬一元検事総長)は26日、「不正行為をしたと認める証拠はない」とする報告書を発表した。連盟の出場停止処分については「非常事態でやむを得なかった」と判断した。

 連盟は三浦九段の名誉回復や補償問題への対応を迫られるとともに、ソフトの実力が向上する中で、不正を疑われないよう一層の対応を求められそうだ。

あなたにおすすめ