将棋連盟が幹部の減給処分

三浦九段に謝罪の意を表明

画像
調査委の報告を受けた記者会見に臨む日本将棋連盟の谷川浩司会長(手前)ら=27日午後、東京都渋谷区の将棋会館
画像
不正の証拠はなかったとする調査委員会の報告を受け、記者会見する将棋の三浦弘行九段=27日午後、東京都新宿区

 日本将棋連盟の谷川浩司会長は27日、ソフト不正使用の証拠はなかったとする第三者調査委員会の報告を受け、三浦弘行九段(42)に謝罪の意を表明するとともに、幹部の減給処分を発表した。同日記者会見した三浦九段は「元の状態に戻してほしい」と述べた。名誉回復の方法や出場停止処分中の補償を巡って双方が協議するが、主張に隔たりがあり、難航する可能性もある。

 谷川会長は会見で「三浦九段につらい思いをさせた。申し訳なかった」と述べた。連盟の処分は谷川会長、青野照市専務理事、島朗常務理事の3人を3カ月間、10分の3の減給とする。

あなたにおすすめ