コメダ珈琲店酷似の店舗差し止め

東京地裁が仮処分決定

画像和歌山市の「マサキ珈琲中島本店」(上)と和歌山県岩出市の「コメダ珈琲店」(コメダホールディングス提供)

 コメダホールディングス(HD)は27日、運営するコーヒーチェーン「珈琲所コメダ珈琲店」に外観などが酷似しているとして、東京地裁が和歌山市の喫茶店の運営会社に対し店舗の使用差し止めを命じる仮処分決定を出したと発表した。決定は19日付。

 仮処分の対象の喫茶店は、ミノスケ(和歌山市)が運営する「マサキ珈琲中島本店」。コメダHDによると、マサキ珈琲の店舗の外観や内装がコメダとそっくりで、使用しているグラスなども酷似している。

 コメダHDは昨年5月、使用差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てていた。同社の担当者は「大変意義のある決定だ」とコメントした。

あなたにおすすめ