稲田防衛相が靖国神社参拝

就任後初、中韓から批判や懸念

靖国神社を参拝した稲田防衛相=29日午前、東京・九段北

 稲田朋美防衛相は29日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。稲田氏の参拝は今年8月の防衛相就任後初めて。安倍晋三首相が米ハワイの真珠湾をオバマ大統領と慰霊のために訪れた翌日の参拝となった。靖国神社には極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀されており、中韓両国から批判や懸念の声が出た。首相は神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場で記者団の質問に「ノーコメント」と述べた。

 韓国外務省は「嘆かわしい」との報道官論評を発表し、韓国国防省も憂慮を表明した。中国メディアは批判的に報じた。

あなたにおすすめ