南海電鉄が海外の鉄道と提携へ

17年にも共通切符販売

画像インタビューに答える南海電気鉄道の遠北光彦社長

 南海電気鉄道が韓国、台湾などアジアの空港や鉄道会社と、共通切符の販売や共同キャンペーンを念頭に、提携を検討していることが分かった。関西空港と大阪・難波をつなぐ空港線の利便性を高めて、観光客に多く利用してもらう狙いがある。

 遠北光彦社長(62)が29日までに、共同通信のインタビューに応じ「海外の空港や鉄道とタイアップをしていく。共通の切符を発売できないかといった検討をスタートした」と明らかにした。詳細は今後詰めるが「2017年にも(具体化)できればいい」と述べた。

 まずは韓国の仁川空港や鉄道会社と協議を進める方向だ。

あなたにおすすめ