老人ホーム入所者死亡で書類送検

呼吸器の電源入れ忘れ容疑

 大阪府吹田市の介護付き有料老人ホーム「メディカル・リハビリホームくらら吹田」で昨年8月、入所者の女性(68)が死亡した事件で、府警捜査1課は5日、人工呼吸器の電源スイッチを入れ忘れたなどとして業務上過失致死の疑いで、准看護師の女性職員(53)と、女性施設長(36)を書類送検した。

 職員の送検容疑は昨年8月20日午後、女性のたんを吸引するために呼吸器のスイッチを切った後、再び入れるのを忘れて放置し、女性を窒息死させた疑い。

 施設長は昨年6月、別の職員が同じ女性の呼吸器のスイッチを切ったままにするトラブルがあったのに、再発防止の取り組みを怠った疑い。

あなたにおすすめ