<賀詞交換会>J1浦和・淵田代表が抱負 鹿島のように世界で活躍を

画像

 新春恒例の「豊かな埼玉をつくる県民の集い―2017年新年賀詞交換会」が6日、さいたま市浦和区のロイヤルパインズホテルで行われ、県内のプロスポーツ界をリードするJ1浦和、大宮、プロ野球埼玉西武、Bリーグ埼玉の首脳陣が、新たな一年へ向けてそれぞれの展望と決意を述べた。

 昨季チャンピオンシップの土壇場でリーグ制覇を逃した浦和の淵田敬三代表は2006年以来11年ぶりとなる悲願の栄冠へ「バージョンアップ」をキーワードに掲げた。

 「一つ一つの仕事の質を高めてさらに上を目指す。新しい株主やパートナー企業にも来ていただいて一つ上のステップを狙うレベルになった」と新年の抱負を語る。この日の仕事始めでも全社員に思いを伝えたという。

 今季はリーグが巨額の放送権契約を締結したほか、1シーズン制に戻る大きな節目になる。2月の開幕からいきなり厳しい連戦も待ち構える。

 同代表は「これも神様がレッズに与えた試練。乗り越えないと喜びはない。去年の鹿島のように世界で活躍したい」とアジア・チャンピオンズリーグも含めて、貪欲にタイトルを狙っていく。

あなたにおすすめ