かゆみ関与の物質特定 九大グループ、アトピー治療に道

 アトピー性皮膚炎でかゆみを引き起こす原因物質の生成に、体内の「EPAS1」と呼ばれる遺伝子から作られるタンパク質が鍵となっていることを、九州大生体防御医学研究所の福井宣規(よしのり)教授らの研究グループが明らかにした。EPAS1の動きを抑制する化合物を突き止めれば、かゆみを根本から絶つ薬の開発につながるという。

 研究成果は9日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に発表。アトピーは国民の7~15%が患う国民病で、かゆみに伴い生活の質も低下するため対策が急務となっている。近年の研究で、かゆみの原因はIL-31と呼ばれる物質が体内で大量に生成されるためと分かっているが、そのメカニズムは明らかでなかった。

 グループは、アトピー状態のモデルマウスを作り、遺伝子解析で健康な野生型マウスと比較したところ、EPAS1と呼ばれる遺伝子の発現が異なっていた点に着目。アトピーのマウスのEPAS1の働きを人為的に抑制すると、かゆみによるひっかき行動がなくなり皮膚炎が改善、血中のIL-31も減少した。

 一方、アトピー患者から血液を提供してもらい、IL-31の量を調べたところ健常者の約5倍の値を示したが、試験管内でEPAS1の働きを人為的に止めると、IL-31は10分の1になった。これらのことからEPAS1がかゆみ物質の生成に大きく関与していることが分かったという。

 アトピー治療ではステロイド軟こうや免疫抑制剤が使われているが、いずれも免疫系全体に作用するため、皮膚が萎縮したり感染症にかかりやすくなったりと副作用が指摘されている。福井教授は「EPAS1だけに作用する体に優しく低コストの薬の開発につなげたい」と話している。

=2017/01/10付 西日本新聞朝刊=

あなたにおすすめ