駐韓大使の帰任時期「総合判断」

首相、合意破棄要求に懸念

画像
インタビューに答える安倍首相=10日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は10日午後、慰安婦少女像問題を巡る韓国の動向に反発して一時帰国させた長嶺安政・駐韓大使の帰任時期に関し、韓国政府の対応を見極めて判断する意向を明らかにした。共同通信のインタビューに答えた。少女像撤去に向けた韓国の解決努力も盛り込んだ日韓合意を念頭に「総合的に判断したい」と強調。韓国で強まる合意破棄要求に懸念をにじませた。

 日韓合意への取り組みに関し、首相は「私たちは誠意を持って約束を実行している。当然韓国側もそうした判断をしてくれると考えている」と述べ、合意を誠実に履行するよう韓国に求めた。

あなたにおすすめ