iPS視細胞で目に光

失明マウス、理研が初確認

©一般社団法人共同通信社

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を網膜の視細胞に変化させ、末期の「網膜色素変性症」で失明したマウスに移植すると、目に光を感じるようになったとの研究成果を、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームが10日付の米科学誌電子版に発表した。

 光を感じる機能を、iPS細胞を使って回復できることを確認したのは初めてという。

 万代道子副プロジェクトリーダーは「現段階では少し光が分かり、視野が少し広がる程度だと思う」と説明。人のiPS細胞でも検証し、臨床研究を2年以内に申請したいとしている。

あなたにおすすめ