豊田社長、ペンス氏と会談

米国経済への貢献説明か

画像
トヨタ自動車の豊田章男社長、ペンス次期米副大統領(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】トヨタ自動車の豊田章男社長が10日にワシントンでペンス次期米副大統領と会談していたことが11日、分かった。トランプ次期米大統領がトヨタのメキシコ工場新設計画を批判した後、豊田社長が米国での1兆円規模の投資計画を明らかにした直後で、トヨタが米国経済に貢献していることを次期米政権中枢に説明したとみられる。

 雇用確保を重視するトランプ氏は、メキシコで自動車を生産するメーカーへの圧力を強めており、今月5日にはトヨタの工場新設計画を「とんでもない。米国に工場を造るか巨額の関税を払うかどちらかだ」と名指しで批判した。

あなたにおすすめ