トピック米新政権

政府、TPPの国内手続き完了

トランプ氏の脱退けん制

画像TPPに関する関係閣僚会議であいさつする石原経済再生相(左端)=20日午前、首相官邸

 政府は20日、環太平洋連携協定(TPP)の承認を閣議決定し、協定の取りまとめ役のニュージーランドに承認を通知して国内手続きを完了した。承認通知は参加12カ国で初となる。トランプ次期米大統領のTPP脱退表明で協定の発効は極めて厳しい情勢だが、トランプ氏の就任前に日本として正式に承認を打ち出すことで、保護主義的な動きをけん制したい考えだ。

 閣議決定に先立ち、政府はTPPに関する関係閣僚会議を開いた。TPPを所管する石原伸晃経済再生担当相は会議で「自由貿易の重要性に対する共通の土台の構築に向けて粘り強く取り組んでいく」と述べた。

あなたにおすすめ