宮崎の養鶏場で鳥インフル

高病原性と確認、木城町

©一般社団法人共同通信社

鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染が確認された養鶏場に殺処分に向かう関係者=24日午後11時50分、宮崎県木城町

 宮崎県は24日、同県木城町の養鶏場で大量の鶏が死んでいるのが見つかり、簡易検査の結果、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。その後の遺伝子検査の結果でH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染が確認された。県は25日未明、計約16万8400羽の殺処分を始めた。

 このほか、半径3キロ圏の6農場に鶏や卵などを農場の外に運び出すことを禁じたほか、半径3~10キロ圏内の140農場には圏外への持ち出しを禁じる措置を取った。

 県によると、この養鶏場は約6万1700羽を飼育。同じ農家が管理する養鶏場が隣接し、そこでは約10万6700羽を飼育している。

あなたにおすすめ