ハッカー大会、韓国チームが優勝

対サイバー攻撃の技術競う

画像
「SECCON2016」の決勝大会で競い合う各国から集まった参加者=29日午後、東京都足立区の東京電機大

 サイバー攻撃対策に役立つ技術を競う日本最大のハッカー大会「SECCON(セクコン)2016」の決勝大会が29日までの2日間、東京電機大(東京)で開かれた。日本を含む世界9カ国の参加者による24チームが、計12時間の熱戦を繰り広げ、韓国の「CyKor」が優勝した。2位も韓国、3位は中国のチームで、日本勢は5位が最高だった。

 この種のハッカー大会は世界各地で盛んに開かれている。高度なセキュリティー技術者を育成する場としても注目され、決勝には海外大会で活躍するすご腕が集まった。ハイレベルな対決で、日本は全体に苦戦した。

あなたにおすすめ