群馬県がインフル警報発令 学級閉鎖 前週の1.5倍

画像

 群馬県は31日、インフルエンザの患者数が第4週(1月23~29日)に1医療機関当たり32.64人となり、基準の30人を超えたため警報を発令した。小まめな手洗いやマスク着用など予防を徹底するよう呼び掛けている。

 休校や学級・学年閉鎖となった施設は23市町村の121校231学級で、前週の87校163学級の1.5倍近くに増えた。

あなたにおすすめ