トピック原発問題

格納容器で推定650シーベルト

事故後最高、福島第1原発2号機

©一般社団法人共同通信社

9日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内で実施した堆積物除去ロボットによる作業の画像。上が除去前、下が除去後(東京電力提供)
カメラが先端に付いたパイプを福島第1原発2号機の格納容器に挿入する作業員=9日(東京電力提供)

 東京電力は9日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内に投入した自走式の堆積物除去ロボットで撮影した画像を分析した結果、内部の空間放射線量が毎時650シーベルトと推定されたと発表した。前回調査の同530シーベルトを上回る過去最高値で、数十秒浴びれば人が死亡するレベル。ロボットの走行ルート上には、堆積物で走行できない箇所も見つかった。

 圧力容器直下の作業用足場には、溶けた核燃料(デブリ)の可能性がある堆積物があり、月内にサソリ型の自走式調査ロボットを投入して確認を目指していたが、調査範囲などが大きく制限される可能性が出てきた。

あなたにおすすめ