MXテレビ番組をBPO審議へ

沖縄の基地反対運動巡り

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は10日、沖縄の基地反対運動を扱った東京MXテレビの番組「ニュース女子」について審議入りし、放送倫理上の問題の有無などを検討することを決めた。

 報道陣の取材に応じた弁護士の川端和治委員長は、外部の会社が制作した同番組について「明らかに事実の間違いが報じられており、番組考査の段階で全く見逃されているのは問題になり得る。十分な考査をしたか審議する」と説明した。

 MXテレビは「審議入りを真摯に受け止め、今後の審議にも誠意をもって協力します」とのコメントを発表した。

あなたにおすすめ