東京五輪での団体戦導入提案

国際柔道連盟がIOCに

 【パリ共同】国際柔道連盟(IJF)が2020年東京五輪での団体戦初導入を国際オリンピック委員会(IOC)に正式提案したことが12日、分かった。ビゼール会長が明らかにしたもので、IJFは体重別の男女各3人による混合チーム案をまとめていた。

 同会長は男子の試合時間を女子と同じ4分に短縮したルール変更は、団体戦を視野に入れたものと説明。「柔道界だけでなく五輪にも価値を付加するだろう」と述べた。

 今年から試験的に導入した「有効」や「合わせ技一本」を廃止した新ルールについては「観客やメディアにとって、よりシンプルになる」と訴えた。

あなたにおすすめ