愛知の自殺中3男子が不満 

「プリント配らされた」

 愛知県一宮市の中学3年の男子生徒(14)が自殺した問題で、生徒が「自分ともう一人の生徒にだけ担任がプリント配布をさせる」と、保護者に不満を漏らしていたことが、13日分かった。生徒が通っていた市立浅井中の上田隆司校長が市役所で記者会見し、明らかにした。文部科学省は同日、情報収集に当たるため、職員を一宮市に派遣した。

 上田校長によると、学校の調査に対して担任は、頻繁ではなかったとしつつも「配布を頼んだことはあった」と認めているという。ただプリント配布を命じたことを含め、担任の行為がいじめに当たるかについて、上田校長は「分からない」とした。

あなたにおすすめ