サッカー、田嶋会長「優勝を」

ACLミーティング

画像サッカーのACL出場クラブミーティングで写真撮影に応じる、(左から)日本サッカー協会の田嶋幸三会長、浦和の淵田敬三社長、鹿島の井畑滋社長、川崎の藁科義弘社長、Jリーグの村井満チェアマン=14日、東京都文京区

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場するクラブのミーティングが14日、東京都内で行われ、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「ここから優勝チームが出てほしい」と述べ、Jリーグの村井満チェアマンは「1次リーグを1位で抜けることが最低限の目標」と期待した。

 日本勢は浦和とG大阪が3年連続、鹿島は2年ぶり、川崎が3年ぶりに参戦。優勝すればアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるクラブW杯に出場する。昨年のクラブW杯でレアル・マドリード(スペイン)と熱戦を演じた鹿島の井畑滋社長は「アジア王者として、また世界最高峰の舞台に出たい」と意気込んだ。

あなたにおすすめ