がん診断10年後の生存率58%

5年後は69%に上昇

画像
主ながんの生存率

 国立がん研究センターは16日、2000~03年にがんと診断された人の10年後の生存率は58.5%だったと発表した。10年生存率の算出は昨年に続き2回目で、0.3ポイントとやや上昇した。

 06~08年にがんと診断された人では、5年後の生存率が69.4%と判明。統計を取り始めた1997年の患者よりも約7ポイント高かった。検診などによる早期発見の取り組みや抗がん剤や放射線治療など医療の進歩が生存率の向上につながったとみられる。

 10年生存率は、全国の20施設で診断された約4万5千人を分析。

 部位別などの生存率は全国がん(成人病)センター協議会HPで公開される。

あなたにおすすめ