東京五輪マスコット検討会議開く

子どもの意見取り入れへ

©一般社団法人共同通信社

開催された第5回五輪マスコット選考検討会議=23日午後、東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、大会マスコットの選考方法を決める検討会議の第5回会合を東京都内で開き、公募する大会マスコットのデザインは審査や選考の過程で子どもの意見を取り入れ、反映させる方針を決めた。検討会議の生駒芳子副座長は「未就学児から高校生までの範囲で考えており、五輪を学ぶ機会になればいいと期待している」と述べた。詳細は次回以降に検討する。

 またマスコットの名前はデザインとは別に選考する方針も固めた。応募方法は今後検討するが、同副座長は「ネーミングは商標の調査など難しい要素があるのでデザイン以上にハードルが高い」との見解。

あなたにおすすめ