たばこの煙「不快」8割

受動喫煙最多は飲食店

 九州看護福祉大(熊本県)などのチームは2日、受動喫煙に関する約1万人を対象とした意識調査で、他人のたばこの煙を不快とする回答が82%だったと発表した。受動喫煙を経験した場所は、飲食店が最も多く62%だった。

 チームは2月、全国の20~70代の男女1万人にインターネットで調査。他人の煙を「大いに不快」「少し不快」と感じたのは、たばこを吸わない人は計90%、喫煙者でも計45%に上った。

 吸わない人で、月1回以上の受動喫煙を経験した人は74%。受動喫煙が多かったのは飲食店に次いで路上(60%)、遊技場(59%)の順だった。

あなたにおすすめ