中国軍13機が宮古海峡通過

過去最多、領空侵犯なし

©一般社団法人共同通信社

中国軍機のコース、沖縄本島、宮古島、中国

 防衛省は2日、戦闘機や爆撃機などと推定される中国軍機計13機が沖縄本島と宮古島の間の公海上空を往復飛行し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。日本の領空を侵犯する恐れがある外国機への緊急発進としては、統計が残る2003年以降で最多機数。

 このルートでの中国機の飛行は、昨年12月10日に戦闘機など6機が通過して以来。2日の領空侵犯はなかった。

 ほかに、宮古島の南東120~200キロの海域で中国海軍のミサイル駆逐艦2隻、久米島の南南西90キロの海域でフリゲート艦1隻の航行を確認した。防衛省が中国側の意図を分析している。

あなたにおすすめ