水素水に「痩せる」根拠なし

消費者庁が再発防止命令

画像消費者庁が措置命令を出した清涼飲料水「ビガーブライトEX」(中央)など3業者の商品画像コップに注がれる水素水(パッケージは画像加工による)

 消費者庁は3日、水素を含むとした清涼飲料水「水素水」やカプセル状の食品を飲むだけで痩せられるような宣伝をしたのは根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、東京や大阪の3業者にそれぞれ再発防止を求める措置命令を出した。水素水の表示を巡り、消費者庁が同法違反で行政処分するのは初めて。

 問題とされた3業者と商品は、マハロ(東京都港区)の清涼飲料水「ビガーブライトEX」、メロディアンハーモニーファイン(大阪府八尾市)の清涼飲料水「水素たっぷりのおいしい水」、千代田薬品工業(東京都千代田区)のカプセル状の食品「ナチュラ水素」。

あなたにおすすめ