米FRB、月内利上げ予告

「経済著しく改善」景気過熱防止

©一般社団法人共同通信社

シカゴで講演する米FRBのイエレン議長(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は3日、金融政策を決める14、15日の連邦公開市場委員会(FOMC)で「雇用と物価の期待通りの進展が確認できれば、金利の一段の調整が適切になる」と述べ、月内の追加利上げを予告した。「米経済は著しく回復した」と評価し、景気過熱を防ぐため、この先も緩やかに金利を引き上げていく方針を強調した。

 FRBは10日に発表される2月の米雇用統計で就業者数や賃金などの状況を確認し、15日のFOMCで政策金利を0.25%引き上げることを決める公算が極めて大きくなった。利上げに踏み切れば昨年12月以来となる。

あなたにおすすめ

Curated by

papers