卓球の石川3度目V、上田は初

トップ12大会、平野ら敗退

©一般社団法人共同通信社

決勝で伊藤美誠を破り、優勝した石川佳純=代々木第二体育館

 卓球のジャパン・トップ12大会は4日、東京・代々木第二体育館で行われ、女子は石川佳純(全農)が3大会ぶり3度目の優勝、男子は上田仁(協和発酵キリン)が初制覇してそれぞれ賞金100万円を手にした。決勝で石川は伊藤美誠(スターツ)を4―2、上田も吉村真晴(名古屋ダイハツ)に4―2で勝った。

 全日本選手権で初優勝した女子の平野美宇(エリートアカデミー)と男子で9度目の日本一となった水谷隼(木下グループ)、男子で13歳のホープ張本智和(エリートアカデミー)はそれぞれ1次リーグで敗退した。

あなたにおすすめ