マスコット名、募集はプロ限定

東京五輪組織委

©一般社団法人共同通信社

東京都内で開かれた、2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの選考方法を決める検討会議の会合=6日(代表撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、大会マスコットの選考方法を決める検討会議の第6回会合を東京都内で開き、マスコットの名前はデザインの最終案が確定した後に実績のあるクリエーターやコピーライターのプロに限定して募集する方針を固めた。検討会議の生駒芳子副座長は「ネーミングは国内外で商標権のハードルが高いため」と理由を説明した。

 応募資格は原則として日本国籍保有者と日本在住の外国人とする方針。一般公募するデザインは審査や選考の過程で子どもの意見も取り入れる方針だが、名前の選考は専門家に委ねる。デザインの発案者も選考に加わる見通し。

あなたにおすすめ