フラッシュモブ禁止認めず

横浜地裁判決

画像
横浜地裁前で「勝訴」の紙を掲げる原告ら=8日午後1時20分ごろ

 神奈川県海老名市が条例に基づき、突然路上で静止する集団パフォーマンス「マネキンフラッシュモブ」の禁止命令を出したのは表現の自由の過剰な規制で違憲だとして、参加した吉田美菜子市議が命令の取り消しを求めた訴訟の判決で、横浜地裁の大久保正道裁判長は8日、訴えを認めた。

 吉田市議以外の参加者らも、今後の禁止命令の差し止めを求めて提訴していたが、地裁は訴えを却下した。

 原告側は「表現の自由が保障されるよう、市は可能な限り配慮する必要がある」と主張。市側は「条例に基づいた対応。快適な往来の確保を目的とした規制」と反論していた。

あなたにおすすめ