新名神を161キロで走行 容疑の男、出頭せず逮捕

©株式会社京都新聞社

 滋賀県警高速道路交通警察隊は8日、法定速度を61キロ超過した道交法違反の疑いで、大阪市中央区松屋町、トレーダーの男(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は2015年7月27日午前3時50分ごろ、滋賀県甲賀市甲賀町岩室の新名神高速道路下り線で、法定速度を61キロ超過した時速161キロで普通乗用車を運転した疑い。男は県警の出頭要請に応じていなかったという。

あなたにおすすめ