民進の2人が離党届

7月の都議選に向け

©一般社団法人共同通信社

 7月の都議選で民進党から公認を受けている中山寛進都議(44)が9日、離党届を提出した。また、同様に同党の公認を受けている田之上郁子元都議(46)も8日に離党届を提出した。小池百合子知事の人気が続く中で、離党者が相次ぐ可能性がある。

 中山氏は取材に「小池知事の掲げる改革を推進するため、幅広く支持を得たい」と離党理由を語った。中山氏は、中山義活元衆院議員の長男。都議会の民進系会派「東京改革議員団」には当面、とどまるとしている。

 田之上氏は「希望の塾」都議選対策講座を受講しているが、小池氏が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」からの出馬は「白紙」という。

あなたにおすすめ