防衛相、敵基地攻撃の可能性言及

北朝鮮対応で「排除しない」

©一般社団法人共同通信社

 稲田朋美防衛相は9日の衆院安全保障委員会で、北朝鮮の弾道ミサイル発射への対応策として、発射前に拠点を破壊する「敵基地攻撃能力」を自衛隊が保有する可能性について「どのような方法かは排除せず、国際法と憲法に合致した範囲内でさまざまな検討を行う」と述べた。民進党の後藤祐一氏への答弁。

 稲田氏は「現時点において検討はしていない」と強調しつつ「変わっていく環境の下、わが国として何をすべきかとの観点から常に検討すべきだ」と語った。敵基地攻撃能力を保有し、攻撃することは法的に可能との認識も示した。

あなたにおすすめ