性的少数者、差別解消に法整備を

当事者、国会議員が意見交換

画像国会議員らを前に、体験を話すトランスジェンダーの当事者=9日午後、衆院第1議員会館

 同性愛やトランスジェンダーなど性的少数者への差別を解消しようと、当事者や国会議員らが意見を交わす集会「レインボー国会」が9日、東京・永田町の衆院第1議員会館で開かれ、当事者らは法整備を訴えた。

 東京都渋谷区の条例に基づき、同性カップルとして認められた東小雪さんは、今でも各地で嫌がらせが続いていると紹介し「この現状を解決できる法律をつくってほしい」と話した。

 自民党の馳浩衆院議員は「直面する課題を法律で解決するのか、意識を変えることで解決できるのか。(職場や学校)それぞれ課題があると認識している」と述べた。

あなたにおすすめ