「メディア萎縮ない」と総務相

米報告書に反論

©一般社団法人共同通信社

 高市早苗総務相は10日の記者会見で、米国務省の2016年版人権報告書が高市氏の電波停止を巡る発言に触れて安倍政権によるメディアへの圧力強化に懸念を示したことに重ねて反論した。「メディアが萎縮しているとは認識していない。放送事業者は矜持を持って報道している」と述べた。

 電波停止については「限定的な状況でのみ、極めて慎重な配慮の下で運用すべきだ」と強調した。

 高市氏は昨年2月の国会で、放送法に違反して政治的に公平でない放送を繰り返す放送局に電波停止を命じる可能性に言及。人権報告書は圧力懸念の理由の一つに挙げた。

あなたにおすすめ